国際線も安くて乗り継ぎが便利なピーチ航空

旅費を可能な限り抑えたく、ピーチ航空を利用

旅行に行くのが好きで、短い日数でも行けるアジアは特に興味があるのですが予算の関係であまり頻繁には行けないので、なるべく旅費を安く抑えられる方法を考えていたらピーチ航空の情報を見つけました。
国内線のLCCだと思っていたのに国際線の路線もけっこうたくさん持っていて、特にアジアはかなり本数も多いので便利そうだと思いました。
値段もびっくりするくらい安くて、最安値なら海外に数千円で行くこともできます。
ホームページで最安値の日を簡単に見つけられるので、次の休みにはピーチで海外旅行に行きたいと思って航空券を探してみました。
就航している都市はソウルやプサン、台湾、上海、香港などアジアの主要観光地がカバーされていて、2泊3日くらいで行く旅行にぴったりです。
関空発が多いので、特に関西に住んでいる人には便利だと思います。
週末や連休中の便は値段が高めですが平日のオフシーズンなら本当に安いので、友人と一緒にプチ旅行に使ってみることにしました。
予約はホームページから簡単にできて、最初から荷物や座席オプションも決められたので当日は空港に行くだけで便利でした。
チェックインなども全てスムーズにできて、地上の係員の方はみんな親切でした。
初めてのLCC利用でしたが、飛行機は大手のものと変わらない新しい機材だったし、機内のシートや通路も普通の航空会社と同じで、特に不満はありませんでした。
機内サービスは大手と違ってお金を払う必要がありますが、ヨーロッパやアメリカのような長距離のフライトではなく数時間程度なのでサービスを受けなくてもじゅうぶん満足できました。

旅費を可能な限り抑えたく、ピーチ航空を利用今後もピーチ航空を使いたい

ピーチ航空で国際線を日帰りしてきた。

もともと飛行機はレガシーにしか乗らない主義だったのですが、関西方面でのピーチ航空の台湾便がすごく評判がよいので以前から気になっていて、気が付いたら、羽田から就航していたので、昨年ついにピーチ航空でLCCデビューしました。
私が乗った便は、羽田と台北の桃園空港を結ぶ便です。
早朝6時頃羽田を出発して、日付が少し変わった翌日午前1時に羽田に戻ってくる便で、なんと、国際線で日帰り旅行ができるのです。
早朝6時頃に羽田出発ということは、国際線の常識として2時間前の空港到着が4時になるのですが、さすがに私の最寄り駅から早朝4時に羽田に行く手段はタクシーしかなくて、それよりは羽田空港内のホテルに泊まった方が安かったので、行きは前泊することにしました。
帰りは深夜バスが出ていたので、深夜バスで帰って、自宅のベッドで翌朝まで寝ることができました。
料金は、前泊のホテル代と航空券を合わせて1万5千円くらいでした。
台北には2泊3日ほどの旅程で何度か行ったことがあるのですが、格安ツアーですら4万円程度だったので、なんと半額以下です。
私はホテルに前泊したのですが、もっと安いカプセルホテルだったり空港内のロビーとかでも寝れる、なんていう人はもっと安く済むかもしれませんね。
さて、当日はチェックインのために出発2時間前の早朝4時に空港のカウンターに向かったのですが、閑散としていて、チェックインも保安検査も出国審査もあっという間に済んでしまいました。
時間が時間ですから当然まだ免税店やレストランやカフェなどは開いてなくて、唯一カードラウンジが開いていたので、そちらでコーヒーを飲みながら待ち時間をゆっくり過ごすことができました。
早朝であれば、1時間半も前にチェックインすれば十分だったんじゃないか、と思ってしまいました。
搭乗ゲートまで向かいましたが、ここは以前から話に聞いていた通り、かなり遠くて、けっこう歩きましたので、ここだけは時間に余裕をもった方がよさそうです。
いよいよ初めてのピーチ航空の搭乗です。機体はパープルピンクでかわいらしく、座席も機体よりはちょっと濃い目のパープルピンクでかわいかったです。
座席は確かに普通の航空会社に比べたら狭かったですけど、3時間ちょっとのフライトなので国際線とはいえ十分我慢できました。
さて、やはり機内食や機内で飲むドリンクは有料になるのですが、ソフトドリンクが200円くらいで、ビールとかのアルコール類が500円くらいとかなり良心的なお値段だったのには驚きました。
運賃が安いので、荷物の重量オーバーとか機内のドリンクとかそういうのでぼったくりみたいな値段設定にしているのかな、と勝手に悪い印象を持っていたので、この点がくつがえされただけでも乗ってよかったです。
預け荷物は、確かにレガシーに比べると重量や大きさの制限が厳しいようですが、今回は日帰りということもあって、ハンドバッグだけで乗り込んだので重量制限は関係なく、より満足度が高かったのかもしれません。
現地の空港についてからバスで台北の中心地に向かったのですが、40分くらいで到着したので、だいたい7時間強は現地で楽しめたと思います。
私は台北は何度か行ったことがあって、今回はグルメとお買い物がメインだったので、この7時間というのはちょうど早めのお昼ご飯と、おやつを食べれて、時間的には早めの夕食まで食べられる、という感じでちょうどよかったです。
夕食は、現地滞在中はおなかすいてなかったので、現地のレストランでお弁当を作ってもらって機内でいただいたのですが、帰りの機内では機内食がリーズナブルなこともあって、有料の機内食を食べてる人も多かったです。
定時運行については少し心配していたのですが、行きも帰りもほぼ定刻通りでした。また日帰り旅行に利用したい航空会社です。